株式会社富士開発
富士開発トップページ
企業情報
F-STAGE 分譲マンション
F-GARDEN HEIGHTS 戸建/土地
ニュースリリース
資料請求

 

 

住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)

新住宅ローン控除は、住宅の新築・購入・増改築をした者等に、毎年の年末時点のローン残高に一定割合を所得税から最長で10年間の控除を受けるしくみです。 

1.住宅ローン控除の期限は取得の日から6ヶ月以内に入居し、平成18年12月31日まで引き続いて居住している方。

2.対象となるもの(新築の場合)

a.自己の居住用であること
b.自己の居住用住宅部分の床面積が総床面積の1/2以上。
c.家屋の総床面積が50u以上あること
d.譲渡税の3,000万円控除や買い換えの特例を取得した前後2年間受けていないこと。
e.住宅取得等の為に借入金等で、償還期間が10年以上

勤務先などの借入で利息が1%未満のものは対象外です。

3.控除額計算

1〜7年目借入年末残高×1%=控除額(最高30万、100円以下切捨て)
8〜10年目借入年末残高×0.5%=控除額(最高15万、100円以下切捨て)

※住居ローン等の年末残高は、3000万円が限度です。

【注意】
※勘違いしやすいのが、あくまでも所得税の控除額であって、控除金額が還付されるものではありません。
※平成18年以降は税改正により控除対象限度額、控除率、最大控除額が、変更されます。

 

 

確定申告について

住宅ローン控除を受けるには管轄の税務署に申告が必要です。
申告に必要な書類は(給与収入のみ・給与収入のみ以外)

1.−売買契約書(購入時)
2.−住民票の写し(各市町村役場)
3.−住宅資金にかかる借入金の残高証明書(金融機関など)
4.−家屋の登録事項証明書(法務局)
5.−印鑑・金融機関の口座の確認が出来る書類
6.−源泉徴収票(給与収入の方)原本

 

【注意】−2年目以降のについて
※給与収入のみの方−会社の年末調整でも控除が受けられます。
※給与収入のみ以外の方−毎年確定申告する時に一緒に申告を行って下さい。

 

 

住宅手引き
不動産用語の説明
戸建住宅の手引き
マンションの手引き
建物の手引き
重要事項説明の手引き
その他の手引きはこちら
クイックリンク
Q and A
お問い合わせ
お問い合わせ
物件資料のご請求
社団法人日本住宅建設産業協会
財団法人住宅保証機構

ホテル グランビュー沖縄
琉旬彩食 土煌
有限会社フィールド設計

 

 
     
 
個人情報保護方針個人情報の取り扱いについて